2021.01.19
news

フィンランドより、アイスダンス選手「折原裕香さん」のメッセージ

皆さんは、「アイスダンス」という競技をご存知でしょうか?
フィギュアスケートには、大きく分けて男子と女子の「シングル」、「ペア」、「アイスダンス」の4つの種目があり、「アイスダンス」は一組の男女が音楽に合わせてステップワークやリフトなどを行い得点を競う競技です。
同じく男女一組の「ペア」と大きく異なる点は、ジャンプが無くより表現力が重視されること、また基本的に男女が離れて演技することは禁止されており「氷上の社交ダンス」と称されています。
日本では「シングル」が注目されていますが、ロシア、カナダ、アメリカなどでは「アイスダンス」は競技人口も多く、フィギュアスケートの花形種目です。

日本代表、カナダでの活動を経て、フィンランドを拠点に活動する折原裕香さん

折原裕香(おりはらゆか)さんは、アイスダンスの選手として現在フィンランドを拠点に活動しています。
2000年東京都生まれの折原さんは、6歳でシングルスケーターとしてフィギュアスケートを始め、16歳の時にアイスダンスに転向し2年間日本代表として活動します。
その後1年間のカナダでの活動を経て、2019年よりフィンランドに拠点を移し、同年の「フィンランドフィギュアスケート選手権」で優勝を果たし、2020年の「ヨーロッパフィギュアスケート選手権」にフィンランド代表として出場しました。


折原裕香さんと、パートナーのJuho Pirinen(ユーホー ピリネン)選手

技術のみでなくパートナーとの信頼関係も大切な競技に単身海外で取り組む折原さんに、ご自身が競技を通して思う平和についてメッセージをいただきました。

相手を思いやり、理解する気持ちを大切に

アイスダンスにとって、相手とのコミュニケーションはとても大事です。
アイスダンスは1人ではなく2人で一緒に滑る競技なので意見を交換することがとても多いです。
2人がスケーターとして成長するには、心地よい雰囲気で練習するのがとても大事なのですが、私達どちらかが悪い日を過ごしていることもあるかもしれないので、どう相手を理解し、想いやりながら練習を進めるかがとても大事だと思っています。

それをする事で2人の気持ちや関係も平和になるのです。
私にとっての平和は相手を思いやり、理解する事です。
これからも その気持ちを大切に頑張ります。
応援よろしくお願いします。

折原裕香

折原さんの今後のご活動にご注目ください。
PEACE DAYも日本から応援しています!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
折原裕香さんプロフィール
2000年 6月26日東京都生まれ。
2006年  6歳でシングルスケーターとしてフィギュアスケートを始める
2016年 16歳でアイスダンスに転向。2年間日本代表として活動
2018年 カナダに渡り1年カナダ人のパートナーと練習
2019年 フィンランドに渡る
2019年 「フィンランドフィギュアスケート選手権」優勝
2020年  「ヨーロッパフィギュアスケート選手権」に、フィンランド代表として出場
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一覧に戻る

Related News

関連記事
一覧に戻る

921日は
PEACE DAYに参加しよう!

今年は5つのステージチャンネルをオンライン配信。 チケット購入も必要なく無料で参加が可能です。

how to watch

contact

スポンサーや取材依頼など、各種お問い合わせはこちら