News Release

お知らせ

一覧に戻る
2021年4月27日 ・

藤井宏一郎

Share on

マカイラ株式会社代表取締役社長CEO・多摩大学ルール形成戦略研究所客員教授。企業の公共・非営利セクターとの関係構築であるパブリックアフェアーズの専門家として、テクノロジー産業から非営利セクター、地域コミュニティから国際関係まで広くカバーする。 科学技術庁・文化庁・文部科学省にて国際政策を中心に従事した後、PR 会社フライシュマン・ヒラードにて企業や非営利団体のための政策提言・広報活動を行った。その後、Google 株式会社執行役員兼公共政策部長として同社の日本国内におけるインターネットをめぐる公共政策の提言・支援活動や東日本大震災の復興支援活動などを率いた。社会課題解決のためのテクノロジー社会実装のほか、国際平和や国家・地域ブランディングについても関心が高く、広島県主催の「世界平和経済人会議ひろしま」の企画運営委員を2016年より務めている。またこれまで政府のMICEやクールジャパンに関する各種委員会の委員を務め、2021年からは富山県の成長戦略委員会の委員を務めている。東京大学法学部卒、ノースウェスタン大学ケロッグ経営学院卒 MBA(マーケティング及び公共非営利組織経営専攻)。PHP総研コンサルティングフェロー。日本GR協会理事。NPO法人情報通信政策フォーラム(ICPF)理事。日本 PR 協会認定 PR プランナー。