News Release

お知らせ

一覧に戻る
2021年12月2日 ・ Report

「PEACE DAY monthly 21 #2」 開催レポート

Share on

一般財団法人PEACE DAYは、「9月21日=国際平和デー(通称:ピースデー)」の認知を高め、100万人の市民と、企業・団体による平和実現に向けた新しい取り組み「PEACE DAY monthly 21」をスタートします。
毎月21日に、様々な社会課題解決に取り組むゲストと参加者の皆さんとのオンラインでの対話を通じて学びを深め、平和な世界を実現していく仕組み作りについて、私たちができることを考えます。第2回目となる11月21日、「PEACE DAY monthly #2」を開催しました。

 

「ジェンダーと多様性」についてダイアログ映像とダイアログセッションから考える今回は、2021年9月に公開されたドキュメンタリーフィルム「ホンネのヘヤ」でも取り扱われた「ジェンダーと多様性」がテーマです。
男女平等や男女格差などジェンダーについて議論したくないという人が約6割いる一方で、お互いを知ろうとしないことがステレオタイプや偏見、差別を生み、その人らしくいることを難しくさせている、というのが日本の現状です。
今回は、株式会社LIFULL執行役員CCO クリエイティブ本部長 川嵜鋼平(かわさき こうへい)さんのファシリテーションのもと、互いの違いを知るダイアログを行いました。

 

はじめに、事務局より今回のイベントの前提と流れの説明を行い、参加者の皆様の心理的安全性を担保して対話を行っていくために、場づくりの約束を共有しました。

 

―場づくりのための約束―
* 名前や所属がわからないよう、ニックネームで登録しても良い。
* Zoomで顔を出さなくても良い。
* ミュートで対話に不参加もOK。
* 無断録画・録音・キャプチャの禁止に。
* 動画アーカイブは残しますが、対話の発表内容は個人が特定できない形に。

 

ダイアログ映像「ホンネのヘヤ」を全員で観賞後、ブレイクアウトルームに分かれてダイアログセッションを行っていくという説明もしました。

 

 

ここからの進行は川嵜さんにお渡しし、今回のダイアログを株式会社LIFULLが企業を通してなぜ行うのかのご説明ののち、ダイアログ映像の鑑賞に移りました。

ダイアログ映像はこちら

 

ブレイクアウトルームでのダイアログセッションの目的は「お互いの違いを知り、それぞれのあり方を認める大切さに気づくきっかけとする」こと。そのために、目的と先述の前提を確認した上で、話すことを強要しないことやジャッジしないことも大切にしました。
ランダムに選出した6~8名で3つのルームに分かれて、約30分間3つのプロセスを意識してセッションを行っていただきました。

 

―3つのプロセスー
第1部 「話を聞く」プロセス
第2部 「話をする」プロセス
第3部 「家族と対話をイメージする」プロセス

 

各ブレイクルームで話された内容は、全員の場に戻ってきた時に、チームで話したいと思った内容を、代表者から匿名性を保ちながら発表いただき、全員で共有しました。
全体での発表の内容をご紹介します。

 

・会社経営をされている男性参加者は、職場に自分以外女性しかいないが、性別を優先したのではなく、考え方などを踏まえた時にご一緒したいと思えた人たちが偶然女性だった。参加者からの「働きづらさを感じたことはないか」という質問には、「感じたことはない」といった回答だった。

 

・女性が結婚を理由で退職するとき、未だに「寿だね」と表現されることや、会社の中に産休や育休といった制度があったとしても、選択は個人に委ねられており、周囲の目が気になって結局取りづらいといった話があがった。

 

・ダイアログ上映の出演者の誰かしらに共感する点があるといった感想や、そもそも「対話における怖れとはなんなのか」というテーマが繰り広げられた。この怖れの背景には、深ぼると「ありのままで生きることの難しさ」がある。大切だとはわかっていても、全てを個人で解決することは難しく、教育や社会の構造から変えていかないとなかなか「ありのままでいること」はできない。一方で、「自分らしく生きること」をずっとしてきたからこそ、痛みに強くなってしまっていたり、自分らしく生きることができない人の痛みに気づけなくなってしまったとの声もあった。

 

参加者それぞれのお話を聞くだけでも、それぞれの受け止め方や考え方があり、多様であることを改めて感じられる機会となりました。
まずは互いの違いを知り、それぞれのあり方を認めること。

 

 

普段話されないからこそ、意識することや知る機会が少ない「多様性とジェンダー」。
身近に感じることで、対話や共感が生まれ、互いを認め合うことがPEACEの実現に繋がっていくのではないでしょうか。
次回の「PEACE DAY monthly21」は、12月21日(木)に開催です。お楽しみに!